すずらん日誌


  ここは教室に集う仲間達の記録のページです。
教室での出来事、井戸端会議、何でも気軽に載せましょう。
困った話や泣ける話だって、ここに書いちゃえば、楽しい話に変わります。


2018.07.12/ 熱中症に注意!
 おきちちゃん:今日の新潟大学のサポートの学生さんは、今田さん・小野さん・野口さんです。宜しくお願いします。私は」CC」と「BCC」の意味をボランティアの小林さんから教えてもらいました。例を挙げて説明をしてもらい分かりやすかったです。いつの間にか「CC」の欄があり、それが消えないため心配でしたが、その欄に入れなければ大丈夫と聞きホッとしました。ありがとうございました。飛燕のけんさん、サウンドテーブルテニスのボールとラケットを持参。廊下でKヘルパーさんとの対決?ボールの音が聞こえて楽しそう。さて結果はどうだったのでしょうか?びあんちゃんに今年の24時間テレビのグッズを見せてもらいました。今年のマスコットは犬、戌年だからなのか?いつもはくまのマスコット。その他にもチャリTシャツ・フェイスタオル・バンダナ・チャリティーバンド・マスコットキーチェーン・缶バッジ・チャリティーバック・クリアフォルダーなどいろんなグッズがありました。びあんちゃん、チャリティーグッズの情報をありがとう。異常な高温、皆さん熱中症にならないよう気を付けましょう。
 チェリーユキ:機器の名前もよく知らない私。ここ最近電車に乗り込むと、スマートホンでしょうか皆さんが無言で熱中し、本当に静かな社内。一昔前の電車の中は仲間同士で会話したり、小説やガサガサと新聞を読んでいる光景が見られたものだ。私が家で「あの店はおいしかった」などと言うと、子供 孫は、「ここの店でしょ」とすぐに検索して写真まで付け加えて教えてくれる。実に便利な世の中。私たちの仲間人もそれを使っておられる人もいる。あのつるつるした機器の表面でどうしてあれこれ操作手順がわかるのだろうか。時計の文字盤をイメージして覚えるのだろうか。慣れればたいしたことないですよと言われるかも知れない。自分は最近物覚えが悪い。でもこの文明の機器が使えこなせたら自分の生き方も変わるかも。車で使うナビ検索にも使えるとか。たいしたもんだ。隣の学生さんの話を聞きつつ感心していた私です。
 とんとん:チェリーユキさんがマイブックでデイジー図書を検索したいとのことで、サピエ図書館で「タイトル 著者名 検索 」をやってみました。 著者名のところで「萩原朔太郎」と入力して実行したら4冊ヒットして、内容を知るために音訳をちょこっと聞いてみました。その後、今田さんの手の空くのを待って、アイホンのアプリについて教えてもらいました。「ブラインドスクエア」、「Tap Tap See」、「Light Detector」など視覚障碍者に便利なアプリが面白そう。アイホンがないと先に進まないので、思い切って購入し、使い方を学生さんから教えてもらおう!まずは、指をどうやってスライドさせるのか、基本ジェスチャー練習をしなきゃ。
内山さんは、にしきのあきらの「空に太陽がある限り」を入力して歌いました。

2018.06.28/ 入力する歌詞を配布
 おうめちゃん:今日は、夕べからの大雨でもでかけられるように支度していました。パソコンリュックは多少の撥水加工はしてあるようですが、ビニール風呂敷でつつむようにします。そしてリュックを背負った状態でレインコートを羽織ります。わりとゆったりしたレインコートなので前のボタンもある程度まではしめられます。フードをかぶると、後ろ姿は、赤いてるてる坊主!!今日は、選んだカレンダーを見てもらいました。選ぶポイントは、日付欄が書き込みができるか。大安などが記載されているか。なんですが、画面が小さくて、サポートのA倉さんに大きくしてもらったら、画面の周りが大きくなってしまったようでした。でも眼のいい人(特に若者)には見えるようです。候補は3個ありまして、最後に見たものに決めました。(ほっ)後は、デフラグのことを聞いて、でもこれをやるには、時間がかかりそうなので、すずらんに来てすぐに始めても終わるかどうか中身をチェックしてもらいましたが、エラーもしていないし容量もまだあるようでしたので、まだなんとかなるかな?雑談で、「消去や削除」をしても中にあるデーターがこの世からなくなるわけではないのですね?」と質問。最近の事件で「パソコンで遺書を書いて削除した跡が見られた。データーを調べた」とかいうニュースがあったので気になったのでした。取り出せるようですね。本当にこの世からデーターをなくしたければ、パソコンをぶっこわすしかない?そして、帰る途中で、マイファイルに一時預かりをしていた短歌集を、CDに書き込むのをしてもらうんだったぁと思い出したのでした。ああおそまつ。
 チェリーユキ:本体に組み込まれているムービーメーカーで写真を動画にして作りあげたCD、被写体が面長に映るのでこれを普通の写り具合にする為にと、ヨドバシカメラの友人になんとかならないかパソコンを持参してお聞きし、実際操作を繰り返し試みたが結果的にはこのパソコン本体に入っているソフトでは駄目であることがわかった。新しいムービーメーカーソフトは5千円ほどの物があったが又新たに写真の取り込み編集、書き込みまで覚えなくてはならないし相当複雑な操作だそうなので新大生の今田さんにもお聞きしたが新しいソフトの購入はやめることにした。これから新たに操作方法をを覚える自信が無い。ムービーメーカについては今回で終了したいと思っている。でも昨年一年間の挑戦学習はおもしろかった。映像の面長な写りを気にしなければ新たな作品は作る事は可能だ。ヨドバシカメラの友人は、私たちが挑戦した事についてビックリ感心して驚いておられた。江口さんの発案に感謝したい。9月の歌詞集作りの歌詞を小林さんより、自分が打ち込む三曲を個々に手渡してもらった。面白い曲が多い。7月中に作り上げ小林さんに提出したい。長編マンガ、水島しんじさんの「ドカベン」は誰がパソコンに打ち込むのだろうか。「やぁんぼー にんぼー とんぼー」は小学生の頃ラジオにしがみついて聞いたものだ。
 とんとん:時々届くメルマガに、iPhone用 Bluetoothキーボード Rivo2の情報がありました。これを使えば、視覚障害者でもスマートフォンが簡単に操作出来るとのことで興味津々。以前にiPhoneの講習会に出た時は全く使えなくて挫折感を味わい、私には無理とあきらめていましたが、Rivo2の紹介動画を見てみたら、うん、もしかして私も使えるかもと思いました。教室でほたるさんのiPhoneを借りて、学生の大橋さんから操作をしてもらい、いくつかアプリを試してみました。あらら、カメラで写したものを音声で説明してくれる、天気予報も電話番号も音声で教えてくれる、面白い!!欲しいなぁ、買おうかなと思う私と、まてまて おまえ、そんな難しいのを使いこなせるのかとブレーキをかける私がいます。
内山さんは、橋幸夫と吉永小百合のデュエット曲「いつでもゆめを」を入力して歌いました。
 おまけ おうめちゃんの脳神経検索:今日は検索ではなくて、今月のニュースになったこと。「どかべん」が連載終了になりましたね。作家の水島信二氏は、新潟県の出身ですね。新潟市の商店街にはどかべん通りがありましたね。46年のあいだに、主人公をはじめ、登場人物たちは、みな中年?漫画雑誌のニュースもありました。月刊「花とゆめ」が休刊。70年代後半から90年代にかけて好んで読んでいました。「週刊、少年ジャンプ」が発刊50周年をむかえました。おうめちゃんが初めて読み続けた少年まんが雑誌でした。読み始めたころは、本宮ひろし(もとみやひろし)、永井豪(ながいごう)、貝塚ひろし)かいづかひろし)や小室こうたろう(だったと思うんだけど…)など今では大御所となった漫画家の方々が若手で出ていたころだったんじゃないかな?他の少年雑誌に比べて新人発掘をしていたような気がするねぇ。漫画そのものは減っているわけではないんだけど、雑誌のような紙媒体の漫画が少なくなっているんだってね。時代だねぇ(ため息)

2018.06.14/ PDFファイルを読み上げてくれるソフト
 おうめちゃん:6月です。おうめちゃんは、来年のカレンダーを探す季節となりました。来年は年号が変わるし、さて、どんなカレンダーを選ぼうかな?今日は、パソコンの勉強というより作業でした。月初めに布ぞうり作成をして、その作業を写してもらったものを参加者に転送するメールを書いて転送していました。また、PDFファイルが読めるようにならないかと学生さんが探してくれたのですが、使い方を聞かないでしまった(ドジ!!)また、今年の歌詞集のテーマは「昭和のラジオ、テレビドラマ主題歌集」ボランティアの小林さんと堀さんが検索してくれました。題名を読んでもらったら、懐かしい題名がありましたし、観たことないどらまなのに歌は知っている?なんちゅう不思議もありましたよ。昔のどらまは時代劇がおおかったですねぇ。記憶にある一番古い時代劇は?「隠密剣士」えっ?知らない?!
 おきちちゃん:巻の夏祭りが15日(金)・16日(土)・17日(日)にあるそうです。花火は16日(土)。駅には夏祭りの提灯が飾られていました。今日の新潟大学のサポートの学生さんは、朝倉さん、今田さん、今野さん、野口さん。宜しくお願いします。野口さんは初めての参加です。おきちのサポートは朝倉さんです。お願いします。Freemake Video Converterの更新を前回お願いをしてやってもらったのですが、表示が頻繁に出て作業がやりにくかったので消してもらいました。その代わりに入れてもらったのが「FreeVideoToDVDConverter」です。そしてもう一つ「YomikakuV15」を入れてもらいました。FreeVideoToDVDConverterを使って、朝倉さんからDVDにコピーしてもらいました。自宅でTVのデッキで見ることが出来ました。次回からはFreeVideoToDVDConverterの操作方法を教えてもらいます。DVDにコピーが出来なくなり「どうしよう!」と思いましたが、またDVDにコピーが出来るのでほっとしています。使えるように覚えないといけませんが。朝倉さん、ありがとうございました。9月の施設訪問でお渡しする歌詞集の曲選びをするのに、皆さんが歌い始めました。分かる曲もあるのですが、中には「この歌は・・・?」と、びあんちゃんと顔を見合わせて「誰の歌?」。今年はどんな歌詞集が出来上がるのでしょうか楽しみです。
 さくらんぼ:パソコンを背中にせおって、タクシーに乗り込みました。右 左どちらもみても 田んぼが緑一面のジュータンの景色なので、心爽快です。でも、夜 カエルさんたちのにぎやかな合唱が聞こえてこなくなったのが・・寂しく思います。本日の学習に入ります。爽やかな学生さんが指導に参加して下さいました。さくらんぼは、野口さん(女性)にサポートお願いいたしました。野口さんが私《髪の毛が長いんです。っと教えて下さったので、ちょっと触って見たら、椅子に座っての確認・腰くらいの長さでさらさらきれいでした。さくらんぼの髪の毛もストレートで長いけれども、少し長く感じました。・ 野口さんが「すずらん教室は初めてなんですよ。」そこで、さくらんぼは、下記の説明をしてみました。まず、健常者のみなさんにパソコンの説明をするときには、みなさんが使っているパソコンとまったく同じですが、私たちは、見えないので音のでるソフトを使えます。その、ソフトは 「ピーシートーカー」と言う音の出るソフトを使って操作をします。さくらんぼが使っているソフトを紹介しました。皆さんは、アプリを使って操作されていますね。マウスで同じ操作をするのにも、数回の操作をしなければなりません。野口さんは、ちょっと驚いた様子でした。画像ノファイルでは、ロシアひまわり、薔薇をみて乾燥なども聞いて楽しみました。ソフトでは、マイ ブックでエンター、サピエ図書館でいろいろな読み方の操作で学習ができました。いきは、お祭りのちょうちんに気付かなかったけれども・・帰りに、大きなちょうちんをガイドさん(美和ちゃん)が教えてくれました。 明日 お天気になーれ にこにこ
 チェリーユキ:北海道が雪が降ったせいかこの近辺もこの時期にしてはとっても寒かった。9月の施設慰問の歌詞集贈呈について話したところ、みなさんからいい案を出してもらった。なつかしのラジオ テレビで放送された歌の歌詞集はどうかとの提案だった。すぐさまあれこれパソコンでけんさくしてもらい、あの歌この歌、子供の頃歌った題名がなつかしく聞こえ歌い出す人もおられた。小林 堀ボランティアさんにせんきょくしてもらい、私達は後日、パソコンに歌詞を打ち込まれるよう準備してもらえるようにお願いした。会員のみなさんよろしくお願いします。私は今田さんから、DVD書き込みされたCDがテレビニに写すと面長に映るのでその比率をどうしたら正常な写りになるのかお聞きした。二通りの数字の候補があり「ワイドスクリーンと標準」の二通りがある事がわかった。ワイドスクリーンに設定しCDを作ってみた。家でブルーレイで再生しテレビに写してみたが残念ながら面長な移りで依然と変わっていない。カメラ本体の数値を変更しなければならないのか。わからないわからない。ヨドバシカメラの友人がいろいろ知っているので、パソコン カメラを持参してあれこれ聞いてみようか。
 とんとん:メールに添付で送られてくる資料は、最近PDFファイルが多くなりました。 私がPDFファイルを読む時は、PDFファイルにカーソルを合わせてエンターキーを押すとリーダー ファイルと言うソフトが開きます。画面に文字が出ているらしいのですが、そのままでは読み上げなくて、全文選択してコピーすると読み上げます。 今日の教室では「読取革命」と言うソフトを入れてもらいました。 これも、PDFファイルを読み上げてくれるソフトです。 そして、読み込んだPDFを同じレイアウトのまま、ワードやエクセルに変換して保存できるとのことで、「それはすごい!」と使ってみました。 でも、ワードで保存したファイルは読み上げなくて、なので文字を書き替えたりすることも出来ませんでした。 保存の仕方やその後の操作法に問題があるのでしょうか?今後の課題です。
 内山さんは、フランク永井の「有楽町で逢いましょう」を入力して歌いました。
 おまけ おうめちゃんの脳神経検索でぇーす:時代劇にちなんで、歴史、時代ものの漫画を思い出してみました。少女漫画で歴史ものといったらこれでしょう!!「ベルサイユのばら」(週刊マーガレット、池田利代子)。少女漫画では歴史ものはヒットしない!!という定説をくつがえして大ひっと。少女漫画にも劇画という言葉があてはまった作品宝塚歌劇で舞台化され、こちらも大ヒット。ラジオドラマ、テレビアニメ、映画化では、べるさいゆ宮殿でのロケ、出演者はもちろん地元の俳優の方々でした。おうめちゃんも「オスカルさまぁー!!」と夢中になっておりましたわん。「あさきゆめみし」(大和和紀 やまとわき)源氏物語を漫画家。これで源氏物語を勉強した人もいるのでは?現代版源氏物語絵巻ですね。光源氏や美しき姫君たちが生き生きと描かれていましたよ。「天上の虹」(里中真知子)持統天皇の一代記。35年くらい続いた大長編だったと思います。でもちゃんと続けて読んでいなくて。それより作者の里中真知子先生が、テレビの古代史の番組のコメンテーターとしての知識の豊かさとおもしろさに感動してました。「三国志」(横山光輝)これも原作(?)が長いのでちゃんと続けて読んでいたのではないのですが、ところどころに見所があるので記憶していました。三国志の登場人物の諸葛孔明(しょかつこうめい)は、漫画でもどらまでも、映画でも絶対に美男子というか、ハンサムというか、いけめんだよねぇ。他にも歴史時代ものはありますが、皆様もいろいろ思い出してくださいませ。

2018.05.24/ 書き込んだDVDがテレビで見れました
 おうめちゃん:恐怖の都市伝説が、すずらんに始まる…かも?本日は、すずらんのHPに投稿されている上林さんが短歌集を発刊されて、その音訳CDをトントんさんが持参してくれたのです。パソコンに取り込んでゆっくりと聞こうと思いました。ただし、おうめちゃんは、パソコンでのCD操作は苦手で、作業ではトラブルが必ず発生いたします。そのたびにサポーターの大学生は悲惨な目にあいます。いままで犠牲者は2名います。本日の犠牲者(?)は、S藤さんです。CDを入れたらすぐに再生したが、聞いたことのある文章とBGN!!3年前に書き込みをした「親鸞」だ。自動再生になっていたようです。デイジーに作ってあるので、こちらのデーターを消去してもらいました。時々パソコンを立ち上げると「書き込みの準備のできたファイルがあります。」と出てくるのはこれだったようです。DVDRWを開いて取り込み開始。さて?取り込んだ短歌集の一時預かりをどこにしようか?ドキュメントにフォルダをつくりましょうとしたが、フォルダ作成の項目が出てこない!二人で「うんーーん」とうなってしまい、おもいついたのが、マイファイルの中にフォルダを作っちゃえ。はい、これはいつもやっているのでフォルダはすぐに出来ました。コピーしたものを貼り付けて1次預かりをしました。(おうめちゃんがまっさらのCdを忘れたのです。)今回もスムーズに行かなくて、ハプニングがありました。そのうち、すずらんにサポートに行ったらおうめちゃんには気をつけろ。わけのわからないハプニングが起こるぞ!!と大学生の間に恐怖の都市伝説ができあがるかも!!
 おきちちゃん:今日の新潟大学のサポートの学生さんは、朝倉さん・外山さん・車谷さん・佐藤さんです。宜しくお願いします。おきちのサポートは朝倉さんです。お願いします。Freemake Video Converterを開くと「更新」の表示が出るので、更新をすれば使えるのか?と思い更新をしてもらいました。(自宅でコピーは出来たのですが、ロゴが入り見づらかったようです。)。Freemake Video Converterは諦めて、次回に違うものを入れてもらうことにしました。他には写真のサイズをペイントを使って変える方法(今後の課題になりそうです。)、圧縮や電子メールなど使ったことのないものを説明してもらいました。今回も「いろんな便利なものがあるんだ」と認識させられました。使いこなせれば面白そう!朝倉さんサポートをありがとうございました。お疲れ様でした。今日は従姉妹と参加です。車に乗ってドライブ気分♪。
 チェリーユキ:学習したい事もあったのだが、風邪気味でその気になれなかった。昨年学生さんから教えてもらい作りあげた私なりのDVDを学生さんから大学に持ち帰ってもらい、テレビで再生状況を調べてもらった。答えはきれいに再生出来たそうだ。私はいぜん、家で単体のDVDを持っているのでそれで再生出来るので満足していた。テレビで再生出来ると聞いたので早速家のブルーレイで再生してみた。音楽も写真もきれいに再生されている(妻の声)。高いブルーレイデスクだったが、使わなかったので宝の持ち腐れだった。学生さんの言うとおり再生し見る事が出来た。私が友人に送ってやったDVD、友人はブルーレイではなく古い型の機器だと思われる。昨年のやりかたで再度今年も新しいDVDを作ろうと楽しみがわいて来た。新しい操作は覚えなくてもよさそうだ。
 とんとん:ビデオコンバータを使ってDVDに書きこむ手順と、不要なアプリをパソコンから削除する手順を外山さんから教えてもらいました。DVDへの書き込みは前の教室でざっと教えてもらって、自宅で復習したら何となく出来たのですが、時々音声案内がなくて不安でした。それで、教室ではMP4をDVDに書きこむ時に外山さんに見てもらいながら作業をして、手順のマニュアルを作りました。その後、使わなくなったアプリをパソコンから削除する方法と、ドロップボックスにあるホルダやファイルをコピーする方法などを教えてもらいました。これ以上 頭に詰め込むと前に憶えたものが溢れ出てしまうので、本日の学習はここで終わりにしました。
 内山さんは、マイク眞木の「バラが咲いた」を入力して歌いました。
 おまけ おうめちゃんの脳神経検索:恐怖の都市伝説つながりで、「恐怖、おっかない漫画。」を思い出してみました。つのだじろうの「うしろの百太郎」(うしろのひゃくたろう)心霊現象などを主にした漫画だったので、昼間に読んでいても「ざわっ」と背筋が寒くなりました。ここで「守護霊」がでてきまして、これはその人のご先祖様がその人を守ってくださるとのこと。信じる信じないは別として、ご先祖様は大切にしなくちゃね。魔や峰雄(まやみねお)さんは、新潟県の出身です。はなとゆめ(白泉社)でデビューした当初は、妖怪漫画でした。細かい描写で怖いお話なのに絵がきれいだったなぁ。少女漫画で怖いのは、やっぱりこの先生!!楳図和夫(うめずかずお)先生です。「蛇少女」「紅ぐも少女」「ミイラ先生」他に黒猫を扱ったお話など、のろい、たたり、怨念などのテーマがおおかったような…。動物を感情まかせにいじめたり、殺したりするのはいけないことと肝にめいじました。「ゲゲゲの鬼太郎」(げげげのきたろう)水木しげる先生の漫画で知らない人はすくないでしょうね。鬼太郎、目玉のおやじに仲間たちはたしかに妖怪胎児はしてくれたけど、それはけっして殺してしまうものではなかったと思う。なぜ人間界に悪さをするのか原因を探れば、人間の買ってなことが多い。「もとの世界に戻ってくれ。」という鬼太郎の言葉。怖い思いをしてしまったのは人間が原因。怖いのは、妖怪より生きてる人間の身勝手のほうが、怖い!!現在、国会とかいうところでは魑魅魍魎が跋扈しておりますね。こっちのほうが本物の妖怪変化より見醜くひどい!!

2018.05.10/ 3Dプリンターで作成した地図や建物、チェスや古墳に触りました
 おうめちゃん:天気予報では雨や雷だったので、雨具の用意をしていたが晴れた。曇りだが、時々日差しがさし、ただ、風は強く冷たい。今日は朝倉さん、今田(こんた)さん、車谷さん、大橋さんの4名がサポートに来てくれました。今日は3Dプリンターで作成したものを持参してくれたので、それを触っていました。持って来てくれたのは、チェスの駒。チェスの駒は、下が広がった円筒形で、上部がその駒の役割で形が違うからチェスをする人だったら触れれば一発で理解できるだろうな!!おうめちゃんは、チェスの駒の名前は、キング、クィーン、ナイト、それだけだなぁ。将棋と違うのは、クィーンがいること。将棋には、女王はいないもんねぇ。では、パソコンのこと。冬季休講中に診てもらいたかったことをお願いしました。@:プリンセスラジオの登録。蛍さんから新しいあどれすをいただいていたのだが、音が重なって大事な箇所が聞き取れなかった。画面には、それぞれの項目が文字で出ているようです。画面を見てもらいながら登録を完了。(ほっ)A:添付ファイルが入れたいところに入らない。マイファイルに直接入らず、その中のフォルダに入ってしまうようになった(冬季休講中)絶対にどっかいじってしまったに違いない!!直してもらいたい。B、マイファイルの中にまった全く使用したことのない フォルダやファイルがあるのだが、これは何!?と質問。@ABは全部解決しましたが、驚いたのは、B。日付をも見てもらったら、2014で以後の更新がないのだった。思い当たるのが、パソコンを換えたときに前のデーターをそのまま移したということ。それ以後、なにか設定なり検索なりをすることが全くなかったのでそのままになったんでしょうねと言うこと。ただ、消していいのかどうかは??です。悪さをしているわけではないから、まぁいいかぁです。
 チェリーユキ:晴れていたが自分的には寒かった。学生さんは、今田さん、朝倉さん、そして初めての車谷さん、大橋さんの四名でした。DVD作りについて今田さんとテレビで見れるようにと指導を願っていたが前進した操作には進めなかった。触覚でわかるようにと、渡辺研究室で作られた一部分の世界地図、フランス イタリアだっただろうか触ってみた。山脈 平地 国の大きさなどパネル式はめ込み出来るように作られていたし、国の大きさも良く分かった。「チェス」と言う、日本での将棋と同ような物だそうだが三個ほど持ってこられたので触らせてもらった。これらを作り上げるのも、パソコン操作でやれるとかおっしゃっていた。世界地図、説明を聞きながらすべての国の位置に触る事ができたらすごい感動だっただろうにと思う。
 とんとん:「テレビで見れるDVDを作りたい」と言う昨年度からの続きをするために、学生さんに「音声環境で使えるDVD書き込みソフト を探して」とお願いしておきました。忘れずに調べておいてくれて、Free Video to DVD Converter をパソコンに入れてくれました。教室でざっと使い方を教えてもらい、家に帰ってDVDへの書き込みをしてテレビで映るか家族から見てもらったら、何と写るとのこと!いま試したのは再生時間が短いデータでしたので、フリーメークコンバーターのように画面に購入を促すロゴが出ませんでしたが、長くなるとどうなるのかまだ分かりません。今日は3Dプリンターで作ったいろんなグッズを触ることが出来ました。私が気に入ったのは建築物。新潟県庁、県警、工学部の建物など、小さなブロックを組み立てたようで面白かったです。研究室から持ち出しは禁止だろうなと思ったのに、ご持参いただきありがとうございました。
 内山さんは、母の日が近いので森昌子の「おかあさん」を入力して、みんなで歌いました。
 『おうめちゃんの脳神経検索』 古い漫画ばかりで恐縮ですが、動物が出てくる漫画です。「わたの国星」(大島由美子)猫の世界をおとぎ話のようなストーリーだったように思う。猫たちはすべて人間のように描かれているが、耳は頭の上に猫らしくついていました。主役のちび猫が、ふんわりとしたスカートに子供用のエプロンをつけてかわいらしかった。「にゃんころりん」(まーがれっと、作者の名前は忘れちゃった)かわいらしくデフォルメされた子猫が主役。これもかわいらしかった。「小さなお茶会」(花とゆめ。作者をこれも忘れた。)プリン(奥さん)とモップ(旦那さん)という猫夫婦のお話。二人(二匹?)がお茶会をしながら日々のことを話し。ちょっぴり大人っぽい子供のストーリー。「警察犬物語」少年雑誌に掲載されていたのだが、どの雑誌だったか、作者も忘れてしまい、でも題名と内容は覚えているのでまた読み返したいです。「動物のお医者さん」(花とゆめ。ささきのりこ)獣医学部のお話、獣医師を目指す主人公とその周りの人々と動物たちの抱腹絶倒のおはなし。こちらの獣医学部には忖度はなかったようですよ!!

2018.04.26/ 30年度の学生リーダーは今田さん
 おうめちゃん(番外編):今日のすずらんは欠席しました。新学期早々欠席なんていやですねぇ。では、今日は家でなにをしたのか!?記録いたします。ヘルパーさんにお手伝いしてもらいながら各種郵便物の仕分けをしておりました。特に春は、公的機関からの郵便物が増えます。内容と日付(締め切り日など)を点字で封筒に書き込んでおきます。 本体に直接書くと時間とともにつぶれて読みにくくなるので、タックシール(セロハンテープを厚くしたような感じ)に点字を書いて貼ったり、うすーいプラスチックのような点字用紙がありまして、これに点字で必要事項を記入してから郵便物にホチキスとセロハンテープでくっつけておきます。点字にも綺麗な字と汚い字がありまして、おうめちゃんは後者です(冷や汗)私は、点字用紙に穴をあけるような書き方をしてしまいます。だから読むときに指に紙がひっかかって読みにくいのです。力が余って穴をあけたのではなく、点筆を紙に垂直に当てなくてはならないのに斜めに紙に当ててしまうとやぶけてしまうようです。墨字もですが、一度ついた書き癖です。書き癖は直すのに苦労しますが、書き方練習次第で直るようです。
 おきちちゃん:天候が心配でしたが、お天気は晴れ。サポートをしてくれる新潟大学の学生さんは、昨年から引き続き来てくれた今年のリーダーの今田さんと今野さん。初めて来てくれたのは、小野さんと女性の蛯名さんです。今年も宜しくお願いします。勉強を始める前に、とんとんさんが持って来てくれた小林ボランティアさんの新潟日報に載った記事を、堀ボランティアさんに読んでもらいました。第一回目の生地が小林ボランティアさんです。ボランティアの方達の協力があり、安心して勉強が出来ます。”感謝”の気持ちです。私のサポートについてくれたのは、蛯名さんです。早速パソコンに出る邪魔な表示を出ないようにしてもらいました。次にFreemake Video Converter に代わるものがあるか調べてもらったり、燕市の地図を出してもらったり、いろんなことを質問して調べてもらいました。ありがとうございました。お疲れ様でした。Freemake Video Converterが使えなくなったので、別のものを探すことになります。使いこなせるか?と不安もありますが、まだ作りたいフォトアルバムがあるので弱音は言っていられません。今日は小林ボランティアさんの奥さんの手作りクッキーととんとんさんからの差し入れがありました。ご馳走様でした。美味しかったです。(にっこり)
 さくらんぼ:電車に乗っての登校も心楽しく、白杖を使って歩く楽しさを感じる様になってきました。とんとんさんから、すずらんのボランティア 小林良一さんの記事が日報に載り見出しは「構えず できることを。 人とつながり、やりがいに」です。記事を持参して下さるとのことで、楽しみにさくらんぼは参加しました。ボランティア 堀さんの明るくて優しい声で読んでくださいました。大学生さんとメンバーの私たちもうれしくて大きな拍手を送りました。また、手作りのクッキーを持参して下さいました。まあぁ!!奥様の愛情たっぷり 干しぶどう入れの硬さも、味も goodでした。学習内容について。教室に到着したら、早くに学生さん 4人が待っていて下さいました。まず、自己紹介から始まり、それぞれに学習指導をお願いいたしました。質問についての答えが分かりやすくて一つ 一つの疑問が解けて前に進む事ができました。ありがとうございました。
 チェリーユキ:天候に恵まれた教室二日目だった。今田(こんた)君、今野君、小野君、蛯名さんの四名が新潟大学の渡辺研究室からボランティアとして出席くださった。リーダーは、今田(こんた)君です。よろしくお願い致します。欠席者が多かったがそれぞれ自個紹介を行う。小林ボランティアさんが先日新潟日報に掲載されたのでその文面を読んでもらい、みんなで聞いた。その後個々の学習に移る。リーダーとあれこれ話した際、カメラが趣味との事で話がはずみ私が写した被写体がパソコンの中にあるので見てもらった。研究室の新人ボランティアさんは6名との事。順々に教室に来て下さる事でしょう、今日は2名(小野 蛯名)でした。次回からDVDの勉強にはいれるかどうか。
 とんとん:30年度の学生サポーターのリーダー、今田さんのアドレスをお聞きし、すずらんメンバーに知らせる了解をもらいました。 教室で教えてもらいたいことや調べておいてほしいことなどをメールしておけば、教室の時間が有効に使えます。 教室での雑談で、昨年の研究協力でおうめちゃんが触ったなにかに私も触ってみたいとお願いしたら、その造形物を持ち出せるか聞いてみますとのこと。 もしかしたら、3Dプリンターで作った立体的な製品を教室で触らせてもらえるかも。
 内山さんは童謡の「せいくらべ」を入力して歌いました。子供の日が近いのでこの歌を選んだそうです。
 おまけ:おうめちゃんの脳神経検索(時間のある人は読んでね)。昭和30年代後半から40年代に確率された(だと思う。)漫画の領域に「スポ根(すぽこん)」がある。スポーツ根性まんがである。少女漫画なら「サインはV」(少女ふれんど、もちずきあきら)少年漫画なら「巨人の星」(少年マガジン?川関のぼる)がまっさきにうかんでくる。巨人の星なら大りーぶボール。さいんはVならいなずまサーブ。どちらも魔球が出てくるので、遊びや体育の時間にマネをした人もおおいんじゃないですか?ちょっと大人っぽいのが(あしたのジョー」(少年マガジン、ちばてつや)内容はさっぱりおぼえていないが主題歌を覚えているのが「アタックgT」(週間マーガレット、作画はなんとか千賀子だったかなぁ?主題歌は、小鳩くるみ)酢スポ根(すぽこん)ものだけど、読むたび笑っていたのが「いなかっぺ大将」(小学館、かわさきのぼる)動物と話ができる風大左衛門がうらやましかったです。おしまい。何か思い出して楽しんでくれればうれしいです。まちがっているところがあったらごめんなさいです。

2018.04.12/ 30年度すずらん総会
 おうめちゃん:すずらんの新学期がはじまりました。平成30年度すずらんの一回目は総会から始まります。小さくても団体です。総会の手順はキチンと踏みます。活動報告、収支報告と順調に進みます。すずらんには使途不明金はありません!!平成30年度の役員、活動日程もすべて決まりました。出席者一同の拍手をいただきました。今日は、ボランティアの小林さんへ新潟日報の取材がありました。あれっ?いつ掲載されるのかな?尻尾のあるお嬢さん達も3頭元気に尻尾をふっておりました。本年度も会員各自が目標を持ってパソコンの勉強に入ります。おうめちゃんは今年もファイルやフォルダの扱い。送られてくる資料や録音した資料などの編集整理をしなければなりません(汗、タラーッ)買い替えたPTRVの扱いもありますね。(やまだっちゃぁー!!)『おうめちゃんの思いっきり余談です。』今回は漫画のこと。但しとても古い漫画ですし、ネット検索ではなく、おうめちゃんの脳神経検索ですのであしからず。60年代に少女フレンドに掲載された漫画です。題名「おはようエルザ」。エルザとは犬(コリー犬)。視力をなくした主人公(小学生女児)と盲導犬エルザとのお話。娘のために点訳したり、一緒に育ってきたエルザを盲導犬にしたいと訓練士にお願いするおかあさん。盲導犬の犬種はシェパードの時代でしたが、コリー犬のエルザは盲導犬の訓練を受けて合格。おうめちゃんが初めて点字や盲導犬に出会ったのはこの漫画でした。作者は細野みち子と言う名前だったと思うんだけど。「金メダルへのターン」を書いた漫画家です。もし知っている人がいたらうれしいなぁ(奇態してドキドキ)
 おきちちゃん:今日は30年度すずらん総会です。いよいよすずらん教室の活動開始です。代表チェリーユキさんの挨拶。29年度活動報告.会計報告.監査委員報告。30年度開催日程案.30年度活動計画案.30年度予算案。ボランティアの小林さんと、とんとんさんから読み上げてもらいました。おうめちゃんからは監査報告がありました。役員改選。代表はチェリーユキさん.副代表.会計.事務はとんとんさん.会計監査はおうめちゃんに決まりました。役員の方達、引き続き宜しくお願いします。久しぶりに皆さんに会えて楽しかったです。今年も課題を決めて、教えてもらったことを頑張って覚えたいと思います。すずらんの皆さん、ボランティアのお二人、ヘルパーさん達、今年も宜しくお願いします。
 チェリーユキ:30年度最初の教室開催日、天候に恵まれた。欠席者は四名だった。総会は予定どうり進行出来た。開催日程が、12月、6日第一木曜日と20日第三木曜日となった。役員改選の年だったが旧年度の役員が再選された。ボランティアの小林さんが、社協の依頼で、新潟日報記者の取材を受けられた。次回からは新潟大学生のボランティアの方々が来てくださるのでしっかり目的をもって学習したい。
 とんとん:みなさんの協力で総会が無事に終わりました。総会の資料を読み上げてくれた小林さん、集金をしてくれた堀さん、ありがとうございました。今年度もパソコンの学習はもちろん、地域の総合学習にも参加したいので、社協の田巻さん、すずらんの宣伝をよろしくお願いします。
 内山さんはペギー葉山の「学生時代」を歌いました。

2017年のすずらん日誌はこちらです。
2016年のすずらん日誌はこちらです。
2015年のすずらん日誌はこちらです。
2014年のすずらん日誌はこちらです。
2013年のすずらん日誌はこちらです。
2012年のすずらん日誌はこちらです。
2011年のすずらん日誌はこちらです。
2010年のすずらん日誌はこちらです。
2009年のすずらん日誌はこちらです。
2008年のすずらん日誌はこちらです。
2007年のすずらん日誌はこちらです。
2006年のすずらん日誌はこちらです。
2005年のすずらん日誌はこちらです。
2004年のすずらん日誌はこちらです。
2003年のすずらん日誌はこちらです。
これで、すずらん日誌のページを終わります。

「すずらんのご挨拶」のページへ戻る
トップページへ戻る